ノヴィタ(noviita inc.)

デザインを通して「地域」と「社会」に貢献する
長野県松本市のクリエイティブエージェンシー

NEWS & EVENT

2017.10.20 by Naoya Shishido

[ COLUMN ]

宍戸Dと行く、都内を歩く会『ごあいさつ編』

宍戸Dと行く、都内を歩く会『ごあいさつ編』

こんにちは!ANGIディレクターの直也です!


ーースタートとゴールのみを設定して、ひたすら都内を歩き回る

こんにちは!ANGIディレクターの直也です!
今回からコラムを担当させていただくことになりました。僕のあんなところからこんなところまでを包み隠さずお送りしていきたいと思います。
記念すべき第一回は、僕のライフワークであり、僕が会長を務める「都内を歩く会」についてお話します。
え、ANGIって松本の情報をお届けするメディアじゃないの?と思った皆さん。安心してください、ご説明します。

僕は高校卒業から7年間東京に住んでいました。そんな東京生活の中で、僕が半年に一度のペースで行っていたのが、都内を歩く会です。
活動内容は、まさに読んで字のごとく。スタートとゴールのみを設定して、ひたすら都内を歩き回るというもの。
え、それだけ?と思うかもしれませんが、これが意外と奥が深いんです。
僕はこの活動をするまで、渋谷や新宿で遊び回り、「オレも東京に染まったぜ!」と息巻いていました。そう、まさにお上りさん状態(黒歴史)だったのです。
電車移動がメインだった僕は、その街の表面だけをなぞって、全てを知った気でいたのです。
しかし、ほんの気まぐれで御茶ノ水から浅草まで歩いてみようと思い立ったとき、東京の持つディープな世界に触れてしまったのです。

本郷も末広町もいわゆる下町風情に溢れた街で、どこかのお店に入るまでもなく、その街の持つ魅力がひしひしと伝わってくる様でした。
「きっと、こんな機会がなければ僕こんな雰囲気には触れることができなかった!」そう感じた僕は、すぐに大学の友人たちに声をかけ、都内を歩く会を設立しました。
これが都内を歩く会の概要です。具体的な活動内容は、次回以降のコラムでお話したいと思います。
次回は、宍戸Dの都内を歩く会 スカイツリーto東京タワー編をお送りします!

PS, 今後は長野県内を歩く会を作りたいと思っています!メンバーも絶賛募集中です!(現在、僕1人...)